QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険選びのタイミング

人生においてほとんどの方が何かしらの保険に加入すると思います。

保険の選び方に失敗しないためにもしっかりと保険選びのタイミングというものを学んでおくと良いと思います。

保険選びのタイミングというのは人生の転機に訪れることが多いのでチェックしておくと良いでしょう。 まずは結婚したときです。


独身のときの保険に入る理由といえば死後にかかるとされる自身に対する費用、即ち葬式などにかかる費用です。

また、この件に関しては貯蓄がある方の場合は不要となりますので、独身でまとまった貯蓄のある方は保険に入る必要はないかもしれません。


ただ、葬式代金でも数百万とかなり高額ですので現実的にいうと保険に入らなくていい人はほとんどいないといっても良いと思います。


結婚をして何故保険への加入が必要になるかといいますと、独身の頃は今まで自分1人でしたから保険の必要性がそれほど重要ではありませんが、結婚することで守るべき人ができますので自分に万が一のことがあった場合に保険がないと最悪路頭に迷うことも考えられます。


ましてや子供がいらっしゃる家庭では保険の重要性が一層増します。

結婚を機に加入する場合の保険の選び方としては、夫婦の一方に万が一のことがあったときに残された人にどれくらいの保障が必要になるかという点をよく踏まえて必要な保健を選択されると良いでしょう。


さらに、社会保障についてもよく調べておかなくてはなりません。

社会保障の内容としては、本人が死亡したときに残された妻や子供に支給される年金である遺族年金。

業務上の災害で怪我や死亡したときに支給される労災保険。

会社の倒産、リストラなどで解雇されたときに適用される失業保険など他にもいくつかございます。

景気が悪いと言われているこのご時世ですから失業保険はないと困ります。

大企業の場合ですと当たり前のように付いてくる社会保障ですが、中小企業では一部社会保障が完備されていない会社もありますので、入社時にきちんと把握していなかった方は今一度確認することをおすすめします。


社会保障が充実していない場合は、その分を医療保障などで穴埋めするなどしっかりと計画する必要があります。

そして住宅購入の際にも保険を見直した方が良いです。

住宅ローンの利用でほとんどの方は団信に加入しますが、団信に加入するということは万が一のときに住宅ローンが残る心配がありませんので、その分、これまでの保険料を減額しても良いといえます。


ただ、人それぞれ考え方は違うと思いますので、自分の満足のいく保険加入をするためにも代理店に属するファイナンシャルプランナーとよく相談をして決断されることをお勧めします。


このページの先頭へ