QLOOKアクセス解析
イメージ画像

保険マンモス

保険見直し

  • 女性のための保険選びがわかる!
  • 保険の選択基準を決める事が大切!
  • プロのFPのアドバイスが聞ける!
  • 相談はすべて無料!

保険マンモスの口コミ

無駄な保証は排除して必要なものだけ取り入れる

保険に加入している人のなかには現在のプランに疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。

死亡保障一つをとっても最近では平均寿命が年々延びている傾向にありますので従来の定期保険から終身保険に乗り換えている方もちらほら見かけます。


しかし、周りが終身保険に加入しているから、若しくは周りが定期保険に加入しているからといって自分もという考えは辞めておいた方が無難です。


本当に必要な保険は何なのかということをよく熟考し、ある程度考えがまとまったら専門家への相談をすることをおすすめします。


保険マンモスでは保険の知識に長けたファイナンシャルプランナーが無料で相談に応じてくれますので、相談料が高くついたらどうしようなどといった心配はご無用です。


そして、保険料に関することをいうと保険は結婚をした30代頃から加入をするという人が多いと思います。

そして、保険に加入して10年、20年と同じ額を払い続けている方も多いのではないでしょうか。

保険料は住宅ローン、生活費の支出額と比例すべきものですので年々下がっていくのが通常なのです。

例えば、生活費でいうと子供が生まれてからかかる養育費というのは多大な額となります。

しかし、小学校の卒業、中学、高校、大学の卒業と段階を踏んでいくに当たり将来かかるべく出費も減っていきますので、保険の額も不要な分を減らしていく必要があるのです。


また、住宅ローンで例えるとどうでしょうか。

住宅ローンで特に元金均等方式を組んでいる方の場合だと年々支払額も少なくなりますし、人は年齢を重ねるごとに将来払うべく費用が徐々に減っていきますので、保険の見方も年齢によって変えていく必要があるのです。


もともと保険の目的というのは、一家の大黒柱である夫に万が一のことがあった場合に家族を養えなくなるリスクが出てくるので、その埋め合わせをする意味合いを強く持っています。


ですので極端な話をすると子供が自立したり住宅ローンが完済するなど一つ一つ片付いていくと保険も一つ一つ不要になるものが出てきます。


ただ、家庭によっては必要な保障とそうでないものの違いがでてきますので、必ずしも全員に当てはまることではありません。

現在、保険を10年以上払い続けている方で保険料が変わらないという方は、一度、保険の見直しも検討してみてはいかがでしょうか。

自分でどの保障が必要でどの保障が不要かなど考えていては頭がこんがらがると思います。

保険マンモスでは、ファイナンシャルプランナーが無料相談をしてくれますので、じっくりと相談してみてはいかがでしょうか。

無駄な保険料は今すぐ排除してしまいましょう。


このページの先頭へ